2019.7.8 森林植物園


手作りコスメ用等に使える遮光瓶やクリーム容器、プラスチックボトルなど瓶と容器類を中心に、アロマアクセサリーなども扱うネット通販です。

絵:サンタナ
「あたまのなかに 夢が咲いた」

↑画面をクリックして現れる右下の「YouTube」のロゴをクリックすると大きな画面で見られます。


No.198より

 

アマナクニBest Hit CD
せいかつサーカス
「Hope Seed」

動画 2019.11.10 おひらき祭り


 

お勧め動画

小出裕章さんインタビュー
by 名前のない新聞

CS放送の朝日ニュースター3.17
広瀬隆「福島原発事故 メディア報道の
あり方」(1/3)(2/3)(3/3)

TPPを考える国民会議の代表となった
82才の経済学者 宇沢弘文が語る「TPP」

樋口健二さんが案内するイギリスの番組
「隠された被曝労働〜日本の原発労働者」

クレジットカード地獄の米社会を描いた
ドキュメンタリー「MAXED OUT」

お金の意味を問い直す
ドキュメンタリー「エンデの遺言」

大麻事件で違法捜査‥‥ 法律や人権を
無視した警察と裁判の様子を告発した動画

TOKYO MX TVより
「マイケルの医療大麻レポート」

2009.1.3ガザの様子:イスラエル軍が
ガザの市民や子どもたちを虐殺

ジュリーが還暦を迎えて
憲法9条への思いをうたう「我が窮状」

Danceをテーマに14ヶ月にわたり42の国で撮ったビデオ「Where the Hell is Matt?」

 

震災・原発事故リンク

 

アマナクニボタン
アロマテラピー通販名前のない新聞
お祭りマニア
リンクページ
アルバムページ
イベント情報BBS
ブログ

FaceBookへのリンク

amanakuniの動画リスト

お友達ボタン アキノイサム
内田ボブ
宇宙NewsLetter
大村カズ
オプスト

近藤夏織子
早苗NENE
THE FAMILY
とろん
NAGA 長沢哲夫

ひげとしっぽ
福井福山人と雲
ホクレア号
女神ネットワーク
森水沙
PON 山田塊也
吉本有里

別ドメインボタン






八丈島ボタン





 

 

 

キーワードを入力→ 

←ボタンや太字のリンク文字の上にマウスを乗せると、簡単な説明が出ます→





20.7.2 名前のない新聞7月号から、稲葉剛さんのインタビュー「コロナで今まであった問題が噴出した〜ハウジングファーストを掲げ ネカフェ住民や路上生活者支援に取り組む」を公開しました。

20.7.2 名前のない新聞7月号から、水野みさをさんの連載エッセイ「我ら レインボー族」の今回は公民権運動の母と言われるローザ・パークスさんのことを書いた「リデンプションソング」を公開しました。

20.7.2 名前のない新聞7月号から、1p目の「うたの力」に載せた“「1967年型ロックサウンド」のガールズバンド 新月灯花”を公開しました。

20.6.26 友だちのサイトにSNSのシェアボタンを付けて欲しいと頼まれたので、試しにこの上にフェイスブックとツイッターとラインのボタンをつけてみました。

20.6.23 名前のない新聞7月号を印刷に入れました。月末にできあがってくる予定です。

20.6.16 とろんのHPの関連イベントのページに、7/28-8/2 縄文スパイラルアーツ展のお知らせをアップしました。

20.5.28 だいぶ遅かったですが、このサイトアマナクニ通販のサイトにSSLの設定をしました。アマナクニのサイトをブックマークに入れている方は、改めてここをクリックして出たページ(url が https で始まる)をブックマーク登録してください。

20.5.12 上の360度写真を季節にあわせて森林植物園のあじさい園のものに差し替えました。2019年の写真です。

20.5.12 宇宙NEWS LETTERのHPに、No.134 “5Gは「夢のような未来」への扉か” をアップしました。またバックナンバーの表示を整理しました。

20.5.9 名前のない新聞5月号は発送も終わり読者の手元に届いている頃です。5月号の中から以下の記事を公開しました。→FaceBookでの案内
・p1)
【I&I】自給的暮らしをしながら植物の絵を描いている 大森 梨紗子さん
・p2-5)
郷地 秀夫さんインタビュー 「災害は社会的弱者が一番やられるんです」
・p6)
【危険な極楽、アースキャラバン】「非国民と陰謀論者ーコロナ時代に寄せて」 遠藤 喨及
・p8)
【自然エネルギーから適正技術へ】「コビック19と適正技術」 石岡 敬三
・p10)
【我らレインボウ族】「変容と誠実と感謝」 水野 みさを

20.4.29 吉本有里HPより、3月4月5月 全部で15カ所 コンサートとワークショップが延期となりました。代わりに5月3日pm1~2にオンラインライブを行います。→予告動画

20.4.29 大村和生のHPシピラ通信No.28をアップしました。近況とコロナ、ババジのこと、など。

20.4.26 名前のない新聞5月号は予定どおり5月初旬にできあがる予定です。今回はコロナ蔓延、緊急事態宣言という状況からコロナやウイルス関係の記事が多くなりましたが、メインのインタビューでは神戸のお医者さんにコロナ対策の話しを伺いしました。まだ印刷ができあがっていませんが、先にそのインタビューを公開することにします。→こちら

20.4.22 今年のアースデイはオンライン開催になったということで、出演予定だったボブとナーガのライブ映像が作られました。ボブからのメッセージも入っています。→こちら  またもうひとついるということで、アマナクニでも以前撮影した映像で25分ほどの動画を作りました。 →こちら

20.3.27 ボブとナーガの春風めぐるツアーはすべて中止となりました。

20.3.25 3/21に催された太一や5周年に行ってきました。動画や写真で紹介しています。→FB紹介

20.3.12 内田ボブのHPに2020年のライブスケジュールページをつくり、ナーガとの春風めぐるツアーの予定を少し載せました。追加していく予定です。なお世情により流動的な開催になると思われます。

20.3.9 吉本有里さんのHPより、MOVIEページに「君はなぜ? 子どもを亡くした親のために」の動画を追加しました。この歌は二男・八星追悼のためにつくったものだそうです。

20.3.7 名前のない新聞3月号の中から、遠藤喨及さんの連載エッセイ「危険な極楽、アースキャラバン」第11回「地球温暖化と原子力ビジネス」を公開しました。

20.3.3 この上の表紙写真を入れ替えました。今日行った世界の梅公園(たつの市)では梅の花が盛りで、よく晴れていて瀬戸内海の島々もきれいでした。

20.3.3 名前のない新聞3月号の中から、正木高志さんの「ダブルフェイク」と新刊本『地球のマユの子供たち』の紹介記事を公開しました。→こちら

20.3.2 名前のない新聞3月号の紹介をFBに載せました。→こちら

20.3.1 とろんのHPより、「太一や」が山の今の場所に移って5周年の祝が3/21に開かれます。

20.2.28 名前のない新聞3月号より、水野みさをさんの連載エッセイ「我ら レインボウ族」第12回「日本がハワイの聖地を壊した国にならないために」を公開しました。なお記事最後に載せているイベントはコロナ市中感染の広がりを懸念して延期となりました。こよみページに載せたイベントでも同様に延期/中止になったものが数あると思われます。

20.2.27 
このトップページの2019年分の更新情報を別のページ「2019年」にまとめ、このページ下の過去の更新情報におさめました。このページには今年2020年の更新情報のみを載せています。

20.2.27 大村和生のHPに2020年のスケジュールページをつくり、3月の予定を載せました。

20.2.25 名前のない新聞3月号は印刷中です。月末にはできあがる予定。

20.2.22 この上のトップ画像を変えました。岡山県赤磐市の熊山山頂付近にある熊山遺跡の360度写真です。表示が変わらない場合はブラウザのキャッシュをクリアするか、ふだん使ってないブラウザを使うと表示されます。

20.2.16 名前のない新聞3月号を制作中です。メインは生物多様性条約会議に日本のNGO代表で出ている坂田昌子さんの生き物の話し。また正木高志さんが久しぶりに登場。ダブルフェイクという題で見開きページで書いてくれました。今月末にはできあがる予定です。

20.2.11 吉本有里さんのHPに2020年のライブスケジュールページをつくり、7月までの予定をアップしました。

20.1.10 このページの右側に載せているアマナクニBest Hit CDを紹介する「MUSIC」コーナーに、せいかつサーカスのCD「Hope Seed」を載せました。さいきん撮った動画リンクもはっています。

20.1.8 とろんのHPの関連イベントのページに、2/9に東京・ほびっと村学校で開くイベントのお知らせを載せました。また1/25「発酵金の集い ぬか漬け編」もアップ。

20.1.5 名前のない新聞新年号から、遠藤喨及さんの連載エッセイ「危険な極楽、アースキャラバン」の10、「地球温暖化の怪」を公開しました。

20.1.5 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

 

2019年以前で震災/原発事故以外の更新情報は以下から

 

2011〜2013年の東日本大震災・福島原発事故関係は以下に

2013年 | 2012年 | 2011年